スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 650  

2014年06月01日 23:34

もう5月も終わってたりして。

マウスがうんともすんとも言わなくなったので買い換えた。
以前にも一度うんともすんともだったのだが、その時はしばらく放置していたら
なぜか復活したので、あぁ憂い奴よとクリッククリック可愛がってやったのだが
2度目のうんともすんともとはこれ勘弁ならぬと買い換えてやった。
近所の電器屋行って適当に買ったら
なんというか、カーソル?が軽くて軽くて。
もう存在の耐えられないほど軽い。滑る。
こいつは引き鉄が軽いぜ、などと独りごちながらエロサイトを彷徨えば
ロシアンルーレットさながら、スリル満点なエロの旅。
いったい何度、人生一度不倫をしましょうとの誘いを受けたことか。
まったくもう、あたしゃ不倫よりも結婚がしたいよ。 ぷんすか。
とかなんとか。

「悪の華」が終わった。
ラス前を読んだとき、このままハッピーエンドなんて許さねえぞ。
お前は、お前だけはハッピーエンドは許されないぞ。
と、嫉妬ではなくそう思ったのですが、
い、イヤだなぁ、嫉妬じゃないってばぁ、に、2次元に嫉妬なんかするわけないじゃないですかぁ、ア、アハハ・・・
詳しくは書かないが
あの終わり方は、単純なハッピーエンドではなくて、「救い」のようなものが描かれた
歪ながらも、すごく美しい終わり方だったな
とか言いたいのはやまやまなんだけれども、やまやまなんだけれどもさ
最後に過去を描いたことで、「アレは過去のこと」って強調されちゃったな、っていうね。
色々あったけど僕らそれでも生きていくんです的な
そんな時代もあったねといつか笑える日が来るわ的な
ややもすれば、これって「過去との決別」って事か?と勘繰ってしまうような。
おいおい、もっと過去を引き摺れよ、過去と地続きの今を生きろよ。
己の過去を引きずって沼底に引きずり込まれながら生きてる俺等が浮かばれねぇよ。
と、コンビニで独り、嫉妬に塗れて立ち読んだことでした。
う~ん、ちょっと綺麗すぎたんじゃないかなぁ。

・・・そんなことです。
スポンサーサイト

拍手する

日記 649  

2014年03月31日 00:52

髪を切った。
髪が引きちぎれるかと思うぐらい引っ張られたり
櫛が鋏が耳や頭皮にガシガシ当たってくるような
乱暴な理容師だった。
斬り終わった後の
「はい、お終い。どうも、サンキュッ!」
が、激烈にむかついた。
まぁ、安かろう悪かろうなので文句も言う気はないんだが。
ただ、「安かろう悪かろう」は、客がその店の価格と質に対して吐く、納得の言葉であって
店側が免罪符が如くに吐いていい言葉ではないぞ、と
まだ肌寒い夜空に向かってそんな言葉を吐く俺なのだった。

更新頻度を上げようと思う。
更新の間隔が空くから余計身構えてしまって書けなくなるのだ。
いいんだよ、「日記」なんだから面白くなんか無くたって。
面白い毎日じゃないんだし。
面白いブログが読みたけりゃ、どこぞのアーパー芸能人のブログでも読んでりゃいいんだ。
そうだそうだ。
うぅ~ん。 ブログのタイトル通り、貧すれば鈍すを地で行くような人間になってんなぁ。

あぁ、部屋をゴミで埋め尽くしたい。
ゴミは、あたたかい。

拍手する

日記 648  

2014年02月24日 00:57

いかんいかんと思いつつ
ブログを更新しないのが常態化しつつあったりして
だって書くことも無いんだもん的な
日常を過ごしております。
でもそういえば、
私のプロモーション目的で始めたはずのこのブログの当初の目的はどこへやら
ここは縁者への私の安否を知らすための場だったと
そんな事を思い出したりして
更新せねばなぁ、なんて思い立ったしだいでございます。

だからってやっぱり特に書くことも無いので
ひとつ謎かけでもやってそれで終わりです。

「女」とかけまして「腰痛」と解きます。
その心は・・・

そういえば、キョウリュウジャーの感想を書いてなかった。
王道と革新が混在し昇華したいやもう素晴らしい出来だった。
不満があるとすりゃあ、急にレッドがピンクとくっついちゃったことか。
まぁ、いいんだけど。
まだまだ戦隊ものでやれることはいっぱいあるぜ、と
今後への期待に胸が膨らむそんなブレイブな戦隊でした。

この歳になると、戦隊ものの話なんて職場でもそうそうできないわけで
すればオタクだなんだとすぐに認定されて村八分にされてしまうわけで
だからそんな話が出来るのはこんなブログだけなんだから、この場は大事にしないと。
あと、なにを書こうか、どう伝えようか、とかそんな事を考えられるのもこの場だけで、
普段の交友関係での会話や思考を基本基準にして物事を考え出すと
考えの狭い人間になってしまう
いや、だからってブログやってりゃあ心も考えも広い人間になれるのかって
そんなわけじゃないんだが
まぁ、いいや。 大事にしよう。
俺ぐらいはこのブログを大事にしてやろう。

先日の大雪すごかったですね。
20140224-1

さて、

「女」とかけまして「腰痛」と解きます。
その心は、
どちらも騙し騙し付き合っていくものでございます。

お粗末さまでした。
意外と良いですね、トッキュウジャー。

拍手する

日記 647  あけましてのおめでとうです。

2014年01月06日 00:53

艦これ、やめてやったぜ。

随分昔の話になるけど、
布団で横になってテレビを見ていたら、うっかり眼鏡をかけたまま寝てしまってた。
目が覚めたらうつ伏せになってて、眼鏡の右の鼻当てがとれてしまった。
これはまずいと思って急いで眼鏡を買いにいった。その壊れた眼鏡をかけたまま。
店員さんに鼻当てとれちゃったんですよぉ、なんて言って笑われたりしながらね。
どんな眼鏡が良いとか似合うとか自分じゃわかんないんで
もう店員さんが俺に似合うと思うのを選んでください、それを買いますから。
なんて言ったら
そしたらさ、フレームと一体化したようなごっつい鼻当ての、これは鼻当てが取れることは絶対に無いね
っていう眼鏡を選んできやがって、苦笑はしたけど
まぁ、吐いた唾は飲めんわな、って事でそれを買いました。
ってこれが去年の初夏の話。
でもそれからもずっと、右の鼻当てがとれた眼鏡を使ってた。
というのも、火花がばんばん顔に当たってくるような仕事で、眼鏡のレンズにも傷が付いてしまうような仕事なんで
鼻当てが取れてるの格好悪いけど、かけられなくなるくらい壊れるまでは使ってしまおうと
そう考えていたわけです。
レンズも傷だらけだし、鼻当て無いせいですぐに下がってくるけど、まぁ問題なく使えてたわけです。
で、この正月休み、当然仕事も無いんで新しい眼鏡をかけたまま過ごしていたんです。
そしたら3日目ぐらいからですか
右の鼻当てが当たるとこの皮膚が擦り剥けちゃって、痛くて痛くて。
仕方がないから、そこにティッシュをかまして、なんだかなぁって感じで正月をやり過ごしました。
左の方はなんともなんないのになぁ。
な・・・長々と何の話をしてるんだ俺は。
要するに、使ってないと衰えるよ、弱るよ、っていう話。・・・か?
他にもいろんな所が弱ってるよなぁ、と思いをはせたって話。
少なくとも、「艦これ」やめたことで出来た時間を有効に使わんとな、って話。

というわけで
あけましておめでとうございます。
こんなくだらないブログですが、今年もよろしくお願いします。

20140106-1

「革命機ヴァルヴレイヴ」を見た。
まとめて見るとダメだね。クソみたいな伏線やエピソードの積み方でも
脳内にわりと鮮明に蘇ってきたりしちゃって、勝手に脳内で補完しちゃったりもして
結構面白く感じてしまったりしちゃったりしたりして。
一週間に一話ずつだと1mmも記憶に残らないようなクソ伏線とクソエピソードなんだけど。
一気に見たせいで勢いで押し切られちゃいました、っていうのが率直な感想です。
もうちょっと上手に騙してほしいなって、冷静になった今は思います。
寄せ集め過ぎの詰め込み過ぎの消化不良。

例えばさ、スポーツ漫画なんかで、その競技の常識を覆すような天才って
ある意味その競技を冒涜してるようなことになりはしないかって
そんなことを「ちはやふる」の周防名人を見てると思うんだけど
どうなんだろうか。
漫画だから、ですませていいものなのかどうか。
私は昔、柔道をやってたんだけど
投げられた奴が壁を突き破ったり、足でピアノを弾かれたりすると
おいおい、柔道ってそんなんじゃないぜ、そんな甘い世界じゃないぜって思うんですけど。
周防名人は最近どんどん悪役化してってるから・・・う~ん、いいのかなぁ。
リアルであることが正しい事だとは思ってないんだけど
魔球系のスポーツ漫画を否定してるわけでは全く無いんだけど。
ちょっと疑問に感じてしまったので。
ただちょっと、作者もそのへん苦悩があったりするのかなぁ、っと想像したらちょっと面白かったので。
あと、そうだ。
「はじめの一歩」で八百長や、世界チャンピオンの卑怯な嫌がらせや、露骨なホームタウンデシジョン、が
もう、その世界に「在るもの」として描かれてたのがなぁんかすごく、イヤだったんだよねぇ~。

正月休みが今日で終わる。
明日からまたあの灰色の日々に戻っていくのかと思うと憂鬱でならんよ。
だからってこの休みの一番の思い出は
便所で正体不明のめまいと吐き気に襲われ気絶しかけて便器で膝を壁で頭を痛打したこと、だったりするから
まぁ、どっちも灰色かっていう。

ということで今年もよろしくお願いします。

拍手する

日記 646  

2013年12月31日 19:26

あっという間とはこの事で、
これが今年最後の日記となってしまいました。

20131231-1

誰にも期待されてないとはいえ、
この更新頻度の低下っぷりには我ながら忸怩たる思いです。
何でこんなに更新が滞っているんかって
ただ単にしんどかったからです。
とはいえ、自分よりしんどい思いをしている人がいる手前
心を病んで会社を去ったり、過労で倒れ救急車で運ばれる者もいる手前、
人前でしんどいしんどいなどとぼやくことも出来ず
独り家に帰って、しんどいよぉ!などと喚き散らす始末。
だとて私の心の叫びを受け止めてくれる家族などいはしない、
返ってくるのは、隣の部屋から壁をドンする音ばかり
隣の部屋は、もう数年前から空き部屋なのによっ!
きゃぁ~~っ!

今年最後の日記だというのに
こんな小噺しか思いつかないなんて我ながら忸怩たる思いです。
それもこれも、休みを利用して録画してたアニメを一気見してみたら
思いのほかつまらなくてひじょうに暗澹たる空気が部屋に蔓延しているからでございます。
ガリレイドンナとヴァルヴレイヴ、てめえらの事だよ!
ゆとり世代な冒険活劇ガリレイドンナは見終わったが、まだ20話近く残ってるぞヴァルヴレイヴ。
キャラを計画や行動の穴だらけの穴に誰も気づかない阿呆にする事で話を回してんじゃねえ。
キャラが気づいてないからって、その穴が無かったことになんかならねえぞ。
んで穴なんか無かったかのように計画が成功してんじゃねえ!馬鹿野郎。

「恋物語」は良かったですねぇ。

まぁ、わぁわぁ言うとりますけど
これが今年最後の日記だとはいえ、振り返るほどの事でもない今年だったわけで
来年に期待はしつつも
この惨憺たる現状は、もう少し続くんじゃよ、的な事でして。
バキが復活するとかそんなのもういいよ的なことでして。
この前ネットで見かけた某クソアーティスト様とそれを賛美するクソ信者どもへの
呪詛でも吐いて、今年の一切の〆としたい。
では、

てめえのアートおまんこ、がっばがばだな、おい!
がっばがばだぞ、ばぁ~か!

それでは皆様、良いお年を。
来年もよろしくお願いします。

拍手する



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
畠中崇電脳萬画館