スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 569  落書きブログ落書き

2012年07月09日 00:13

20120708

最強、始動。詳しくは7月14日(土)発売の週刊少年ジャンプにて週刊少年ジャンプ
謎のカウントダウンサイト。 「D」ってことは、どうせ「ドラゴンボールなんじゃねえの?」って。

H×H 冨樫「僕の場合はバトル漫画を描いているというのもあるんですが、
 『いつでも主人公を殺してやるぞ』という気構えですね(笑)」
(アルファルファモザイク)
「黒子のバスケ」のファンブック掲載の対談にて。

滋賀・大津市男子中2生自殺 「夜回り先生」に話を聞きました。(FNNニュース)

千と千尋の神隠し放送後にRTされまくった“ジブリ深ぇ・・・”ツイート(NAVERまとめ)
千と千尋を100倍楽しむ為の謎を解析していく (まとねたっ)
「へぇ、なるほど」と、
「物語の後とか外でそういうこと言うのコスいやろ」と、
「裏設定と物語内設定の乖離が激しすぎて裏設定になってないぞ」と、
「それは面白さとは直接関係無いやろ」が、
ごちゃまぜになってるな。
ぼくは「千と千尋の神隠し」は好きじゃないです。
あんまり面白くないので。
「面白い」がすべてじゃない、「面白い」より大事なものがある、とか考えながら作ってんじゃないかと思います。
でも僕にはそれがすべてで、それより大事なものなど無いのです。
嫌いでもないですけど。

トイストーリー3を見た。
主人が外出先で寝てしまい、そのまま置きざりにされたロッツォが、なんとか家に戻ると、
主人は既にロッツォの代わりに同じ種類のぬいぐるみを買っていた。
俺の代わりなんていくらでもいるんだ、俺たちは使い捨て、人間なんて薄情なんだ。
と絶望したロッツォは保育園を支配し、悪政をしくのだが、
実は主人である女の子は、まったく同じオモチャを欲しがるほど、ロッツォのことを愛していたのだと
それが、この映画のすべてですよ。
いわばロッツォは、サウザーなんだな。 聖帝なんだな。 泣けるぜ。
ケンシロウに出会えていれば、また違った結末になったかもしれないな。

第1回 非公認戦隊アキバレンジャー公認WEBラジオ(仮)(animait.TV)
ページ下部の「PLAY」ボタンを押すと聞けます。
アキバレッド役の人がメインの番組で、1回目のゲストはブルーとイエロー。
一応聴いたんですけど、なんというか・・・まぁ、ね。 普通の人だもんな。 うん。
アキバレンジャー見た流れでこのラジオを聴くとものすごく違和感を感じると思うのだが
アキバレンジャーの劇中ではブルーよりイエローの方がかなり年上なのに
実際はブルーの方がイエローよりちょっと年上っていうのが
この違和感の正体なんじゃないかと。
ついでに日南響子さん目当てで昨日のニコ生(ドリームクリエイター?とかいうの)見てたんだが
5分ほどで音を消し、もう5分でそっと閉じた。 ああいうの苦手。
あぁ、そっちで売っていくのかなぁという感じなのだが
う~ん。
かと思えば洗顔料のCMで、小池なんとかをその可愛さで圧倒してたりするのだが
なんか、なんだろう。 う~ん
これもアキバレンジャーの弊害だな。 アキバレンジャーが面白すぎた。 うん。
あと、あれだ。
机に肘をつくんじゃねえっ!

20120708-2

いや、僕はべつにいいかなぁ、と思うんですけど
やっぱ、ね。 ほら。

拍手する



コメント

  1. coto | URL | -

    Re: 日記 569  落書きブログ落書き

    こんにちは~
    トトロを発見して、「あっ!」って言っちゃいました!
    ロッツォの考察、拝見しました。
    そっか。そうですよね!

  2. hatake | URL | -

    Re: coto

    コメントありがとうございます。
    もしもあの女の子が新しいぬいぐるみにも「ロッツォ」と名付けてたら、とか思うと、もう。
    他の2体の立場ったら無いですよ。
    絶対伏線だと思ったんですけど、特に回収されることもなく
    ロッツォも結局悪党のままで、ちょっと拍子抜けしました。
    トトロいましたね。 というかそのまんまでしたね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/823-d1113bbe
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
畠中崇電脳萬画館