スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 597  「俺なんか」と「お前らなんか」の狭間で生きて

2012年11月05日 00:19

それでは今週の木曜日、仕事の時間中より問題です。
次の、A・B・Cのうち、「私」はどれでしょう?

20121104-1
死にたくなっちゃうよ。

そういえば先日、1週間ほど仕事して辞めていった派遣がいたのだが
その理由が「失敗続きで自信がなくなりました。」というものだったらしい。
それじゃ残ってる私がまるで自信があるみたいじゃないか。
こちとら諸事情で、主に金銭的な諸事情で辞められないだけなのに。
失敗したときはいつも、「もうクビにしてくれっ!」っと思っています。

い・・・いかんな。 これはいかん。
精神の安定を図ろう。 悪口を書こう。

ガンダムAGEの最後3話分を続けて見た。
実に1ヶ月以上もの間隔を開けて見たので
それまでの話や人物像をほとんど忘れており、
これはもう、まっさらな気持ちで最後を見たといっても過言ではあるまい。
そうして見ると、このガンダムAGEの最後というのは
熾烈を極める最終決戦、次々と死んでいく戦友達、理想に燃える敵指揮官、その苦悩と挫折、
指揮官の理想に殉じる哀れな敵兵士たち、これまた別の理想を掲げる主人公、家族愛、
愛憎入り乱れる戦場、命の煌き波紋疾走人間讃歌
次々と投入される新兵器、そしてついに現れた最強の敵、
人類の未来はどっちだ!?
という、ひじょうに熱い筋書きであったと思われ
私は忘れてしまったけれど、
ここへ至るまでの積み上げられたエピソードや言葉の数々が、物語に厚みと深みを与え、
最後しか見ていない私には薄っぺらに見えるこの戦争も人物たちの言葉も
見続けた人にはきっと、心に突き刺さる、感慨深いものになったに違いない。
と思ったのでこれはもったいないと、俺も感動を味わいたいと
微かな記憶の糸を手繰り寄せてみたらば
無いやんか。積み上げたものなんかなんにも無いやんか、うわぁ~ん!
行き当たりばったりとその場しのぎのオンパレードやんか。 徹頭徹尾、薄っぺらのぺらんぺらんやんかいさ!
いったいなぜこんなことになってしまったのか。
これは日本人全員に課せられた命題です。
「ガンダム」という一連の作品の生死がかかった、ひじょうに重要な問題です。
個人的な話をすれば
「SEED」や「00」みたいな、
重くしよう重くしようとして表層的には確かに重い。
よりは、
軽く見えるけどよく見ると深ぁ~いなぁ。
ってほうが好きは好き。 まぁ、重くしようとしてるけど実際は軽くて浅いんだが。
じゃあAGEは、軽く見えるけど本当は・・・やっぱり軽いそして浅い。
絵の問題じゃない。 人間が描けてない、って問題とも実はちょっと違う。 描けては無いけど。
専門的な、ドラマツルギー的な分析は他の人に任すとして。
私が思ったのは
これは勝者の作った物語だな、という印象です。
今までの勝負で勝ち続けてきた、負けをものともしない、負けたと認めなければ負けじゃないんだ
といったメンタリティの人間の作った物語です。
こういう人は総じて、人を分類したり、何かを定義づけたり、名言を吐こうとしたがります。
上手いこと言おうとする奴は信用ならない、と孔子先生も仰っておられます。
きっと仕掛けた手がバシッバシッっと決まってきたんでしょう。
その先の畳み掛ける一手、或いは、上手くいかなくて打開する一手、が無い。
それを考える力がきっと物語を「紡ぐ」力なのではないか、そう思います。
それがなければもはや事象の羅列、これを入れときゃ良いだろう的な人を舐め腐った態度ではないかな?
ゲームならユーザーやゲームシステムが間を補完してくれるとて
アニメだ漫画だ小説だってなるとそうはいかないぞ、このゲーム脳!
そんなとこです。

いやぁ、否定しました。人格を否定してやりました。
とっても気分がいいです。
ぼくはそういうメンタリティの人間です。信用ならない奴です。

今週の「弱虫ペダル」はもうほんま
やっちまったな。 やっぱりやっちまいやがったな。
これからどうすんのよ、もうぅ。

20121104-2

現状がうまくいかなくなると
ここは俺の居場所じゃないんじゃないか、永住の地ではないんじゃないか。
と、いつもの思考展開。
そしてそういう時に去来する
「俺ってこのまま失くしてしまうには惜しい人材なんじゃないか」
という根拠の無い胸のざわめき。
それ自体が逃げの思考なのかどうか。わからん。
他人の無駄な努力は見てて爽快だが、自分自身の無駄な努力はできれば勘弁願いたい。
人生に無駄なことなんて無い、なんて言えるほど僕は強くはない。
俺の未来はどっちだ!?

う~ん、いかんなぁ。

ハリケーンサンディは操作されていた『人工誘導説』が浮上!(infoseekニュース)

外人 「日本の紅葉美しすぎだろ…日本は神の祝福を受けてる!」(政経ch)
外国の紅葉はまた別物なのかしらん。

20121104-3
今週の笑点。 くまもん・・・

同僚に、「その歳で、こんな仕事してたら、もうネットに出会いを求めるしかない」
などという暴言を吐かれたのだが、本当にそれしか無いのだろうか。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/862-642b13d0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館