スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 601  冬より寒いひとりの夜に

2012年12月03日 00:39

日に日に寒さが増していきます。
もう、裸足にサンダル履きで出かけるのは限界かな、と思っています。
もう少し寒くなるまでは、靴下&サンダル履きです。
おっさんです。

寒いとは言いつつ、まだ12月に入ったばかりなのに
いや、11月半ばからクリスマスソングをBGMとして呪詛の如くに流し続ける
行きつけのスーパーマーケットが憎い。

20121202-3

私の主観的な話で申し訳ないのだが
もうそろそろ「リア充」という言葉も、死語の域に達してきたように思う。
社会的に死語認定されると、その言葉を使った者は
魔女裁判かと思われるくらいに迫害される。
それはまあ、この日本という村社会では致し方の無いことなのかもしれないが
私が一つ疑問なのは
いずれ死語になるであろう言葉を死語認定以前に嬉々として使用していたものが
死語認定された後に使用しなければ迫害されないのはどういうわけなのか。
おかしくないですか?
いずれ死語になるであろう言葉を、死語になると予測も出来ず
恥ずかしげも無く、わたし流行に乗れてます的な厚顔無恥な行い
迫害されてしかるべき。いやさ万死に値する。
死語は生まれたときからすでに死語です。
気をつけたいものですね。

このブログの日記感がどうも最近乏しいので
というか記せるほど日々の出来事も無いので
コラム的な事を書こうとしてみたけど、こういう事じゃないよなぁ。う~ん。

少し前から四万十川近辺を舞台にしたドラマやってますけど
あの辺は、高知県ではあるけど
土佐弁ではなく、幡多弁を使う土地です。
まぁ、ドラマの方言があってるとか間違ってるとかどうでもいい問題なんですが。
中村市が消滅して「四万十市」になってしまったと、最近知りました。

あんた達、ここでご飯食べるならトイレはよそでしておいで(ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd)
銀牙のラストシーンを思い出してしまった。 いい話だなぁ。

「ウッチャンに褒められたことがある」でおなじみのジグザグジギーが
某番組でコントを披露して、見てたビートたけしに
ウッチャンが好きそうな感じだな、と言われてた。
そうかな?
面白かったけど。
ビートたけしってウッチャンって呼ぶんだな、と思いました。

この前、ツイッターで
中二病でも恋がしたい」の六花ちゃんを描いてくれ
とリクエストをいただきましたが
なにぶんそのアニメを見てないので思い入れも無く
どうもライトノベル系のラブコメが苦手で
とりわけ日常会話のあの感じが苦手で。
描いてる途中で飽きてしまいました。
20121202-1
ごめんなさい。
他人の絵を描くのつまんねえっす。
んで、人気のあるキャラを描くのって色々怖いんだよなぁ。

もうちょっとちゃんと描いたほうが良いっすか。
でも俺が描いてもなぁってのがあるんよな。

ということで来週は「さくら荘のペットな彼女」のましろちゃんです。
ペット・・・ペットな女。 ・・・今度は最後まで描けそうです。

眼帯といえば
20121202-2
何ものも橋本愛ちゃんにはかなわないな。
ってこれも「Another」なんであれなんだが。

日記
フェイスブックで小中学校時代の友人に友達申請され、承認して
実家の事をいじられ突っ込んで、などという幼馴染的なやり取りで
旧交をうすぼんやり温めあった。
変な書き方をしてしまった。
あんた今なにやってんの?などと尋ねられるのが怖い。
フェイスブックはこれだから。
リア充のためのもんやな。

日南響子さんの写真集を買おうかどうか迷っている。
日南響子 写真集 『 mau 』(Amazon)

拍手する



コメント

  1. ダークフレイムマスター | URL | -

    Re:日記 601  冬より寒いひとりの夜に

    六花ちゃんペロペロ。アホ毛がシャア専用っぽいですね有り難う御座います。
    ましろちゃんは1人ではパンツもはけない要介護天才美少女画家という設定ゆえ、
    描いてる途中で思いっきり腹パンしたくなる衝動にかられると思いますが。ひとつ萌える感じでよろしくお願いします

  2. hatake | URL | -

    Re: ダークフレイムマスター

    40前のおっさんが何言ってんだい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/868-cd488df4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
畠中崇電脳萬画館