スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 602  

2012年12月10日 01:24

クリスマスも近づいて、いよいよ人肌恋しい季節になってまいりました。
街でカップルを見かけると
わざわざ正面に回って、そうでもない女だなと確認安堵する
そんな作業を淡々とこなす毎日です。

20121210-2

ジョジョアニメの第2部が始まりましたが
黒人であるスモーキーを痛めつける警官やレストランでスモーキーにいちゃもんをつける男が
原作でははっきり「黒人は・・・」などと差別発言をしてたはずだが
アニメではそのへん濁していた。
発言の後ジョジョにとっちめられる悪役端役なのに、それでもダメなんですか。
なんて不自由な世界だ。

「バンビーノ」がむちゃくちゃだと先日書きましたが
あと2回で最終回だそうです。
クライマックスだったのか! だからあんなむちゃを! むちゃくちゃなむちゃを!
全てを台無しにするようなむちゃを! そうしてでも最後の山場を盛り上げたかったのか・・・
くっ、泣ける。
う~ん、だからってなぁ。

「ハイキュー!」が、インターハイ予選も始まってますます盛り上がってます、
と書きたいところなのですが
今週は「切なさ」をこれでもかと詰め込んだ回でした。
予選が始まる直前に唐突に出てきた新キャラ
「烏野高校女子バレー部(弱小)の主将」
「烏野高校男子バレー部主将と中学時代のチームメイトである初戦の相手校の主将」
登場した瞬間思いました。
「あっ。 こいつら、切なさ要員だな」・・・と。
案の定切なかった。 ええ、泣きましたとも、コンビニで。
私だって弱小な、その他大勢の高校生側な人間ですもの。
敗れ去った側の人間ですもの。
先週の「古豪復活!」の爽快さとのコントラストも鮮やかだ。見開き絵も素晴らしかった。
う~ん、でもやっぱり切なさ詰め込みすぎなんじゃないかと思うんだなぁ。
こういう作風でいきますよって事なのかもしれんけど。
それとも、切ないのはここまで、って事かもしれんけど。
う~ん、とりあえず僕は
2回戦で負けちまえ、と思ってますよ。
あっいや、負けた側に感情移入しての嫉妬や憎しみではないってばよ?
このままじゃ、
インハイ予選はいいとこで負けて、春高で全国優勝してしまいますよ。
という危惧から出た気持ちです。

今田耕治がラサール石井が「魔法少女まどか☆マギカ」を激賞している。
確かに面白かったことは面白かった。
だがしかし、そこまで激賞するほどのものだっただろうか。
私にとって、件の脚本家「虚淵玄」の印象は
「卑怯な男」です。
アニメやドラマなんかはその責任の所在を脚本家一人に背負わすのはどうかと思うが
それでもやっぱり私の印象はそう。
どこがどう卑怯なのかと問われれば、具体的なものは何にも言えないのだが
だってそう感じちゃったんだもん。
強いて言えば、
ご都合主義をご都合主義と感じさせないまで細かく砕いて巧妙に隠すとこ?
ハンバーグに細かく切ったニンジン混ぜる母親のようなあのしてやったり感。
強いて言えば
選択肢は他にないかのように演者も視聴者も追い込む手練手管
その押し売り業者のような狡知さよ。
いや、強いて言えばよ。
わっかんねえけどさっ!

やっぱおらぁ東野派だわぁ。
東野幸治さんの今までの面白いつぶやき・事件をまとめてみた(togetter)
でも以前、新エヴァを絶賛してたような・・・う~ん。

ハム太郎アンチの書き込みwwwwwwwwwwwwwwwwww(あじゃじゃしたー)

【訃報】 「また再建しましょう」のおじいちゃん、9月中旬に亡くなっていた(ロン速)
ご冥福をお祈りします。

先日、職場の同僚(38)に、「面白い漫画、なんかある?」と問われ
完結してる漫画か連載中の漫画か、と聞くとどっちでもいいと答えたので
僕は、それはもう自信満々で、「capeta」です!と言いました。
ご存じなかったようで、どんな漫画?などと聞いてきたので
レース漫画なんすけど・・・と言ったところで
ふっ、っと鼻で笑われ、やれやれだぜといった顔をされ、そこでこの話は流れていってしまった。
なぜだっ!?
「誰が読んでも面白い」という条件が付けば、お薦めは「capeta」で間違いないはずだ。
なぜなんだ。
あんた今、人に全巻借りて今更ワンピースにドはまりしてる程度の漫画読力だろうに。
「泣ける映画ない?」などと聞いてくるクソボケ女子じゃあるまいに
納得いかないぜ。
もう口聞いてやんない。 ぷんすかぷん!

描いてやりましたよ。
アニメのほうも、何話だか忘れたけど一応見てみた。
「女の子が可愛い」だけでは視聴を続けられない爽やかな青春がそこには溢れていた。
俺にはまぶしすぎる。反吐が出るほど眩しい。眩しいほどの反吐が出た。
なになに・・・
『椎名ましろ
  世界的に有名な天才画家だが、漫画家を目指してイギリスから
  日本に来ることになり、美術科の二年生に。
  一人では人間らしい生活を営めない』
・・・と。 なんかめっさむかつく。
えぇい、お前なんかこうだ!
20121210-3
う~ん。ごめんなさい。

日記
今年最後のTOTOBIGが当たりました。
4つはずしの5等で1800円でした。
う~ん、次だ次! 次は年末ジャンボだっ!

「 昨日を思い出して笑い、 明日を考えて笑う 」  東野幸治
ええ言葉や。

拍手する



コメント

  1. 40前のオッサン | URL | -

    Re:日記 602  

    やはり…ましろちゃんは根本的に題材として不適当だったようですね。
    これはもう、今期ナンバーワン作品『ガールズ&パンツァー』の
    西住殿を描くしかないでしょう。時代は戦車道、これぞ乙女の嗜み。

    巷のキャラ人気的には、西住殿<秋山殿であるものの、
    西住殿がいてこそ輝く秋山殿ゆえ2人セットが基本、
    もちろん戦車も必須でしょう。

    2人が所属するあんこうチーム(5人組)の搭乗するのは公式ではIV号戦車D型ですが、
    「西住殿と秋山殿が2人きり」というシチュを生かす別の戦闘車両もアリかもしれませんね応援しています。ちなみに私、個人的には冷泉殿がお気に入りであります。





  2. hatake | URL | -

    Re: Re:日記 602  

    もはや何を言っているのかすらさっぱりわからない。
    ・・・わからないのに、描けと。
    これはつまり、あなたのお気にめすまで終われない無間地獄なのですか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/870-626e4e8e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
畠中崇電脳萬画館