スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 607  

2013年01月14日 00:03

油まみれの作業着と普通の服を
分けて洗う事を覚えた35歳の冬です。

20130113-1

油の付いた服を洗ったあと乾燥機にかけると
火災を起こす恐れがありますので注意が必要です。
皆さんもお気をつけください。
うちには乾燥機がないので心配無用です。

「コクリコ坂から」を見た。
見ましたけど、べつにアレでしょ、見てどうこう言うようなアレじゃないんでしょ。
ケチつけてやろうとか批評してやろうとか、そういうこと考えずに
心を無にして優しい気持ちで見りゃいいんでしょ。
文句言う奴は人でなしだってそういう見方を強要してくる感じでしょうよ。
んでまぁ、心を無にして見たら、見終わったあとも心の中は無なままだったっていう。
出生の秘密とか学生運動とか、初恋の人が実は兄だったとか
いや、もっと人生の重要事じゃないの?
そんなやり方じゃ、作り手の思ってるほど、こっちには伝わってきませんよっと。
コクリコ坂から -メッセージ-「港の見える丘」企画 宮崎駿
企画意図は達成できてませんね。 この、老いぼれがっ。
結論
お上手でお上品な感じで面白かったです。
深く考えず、深く感じ入らず、青春ってそういうものなのかもしれませんね・・・ってバカっ!

「海」がフランス語で「メル」だから、海ちゃんのあだ名はメル、ってそんなのわかんねえよ。
作中に説明あったっけ?
もしなかったとしたら、その一事で作品の万事も推し量れようというもの。
私が見逃してるかテレビ版ではカットされてたってんなら謝るしかないってもの。

AKBから二人目のAV女優が出るということで
お前らの応援が足りないから
またAKBからAV女優が出るんだぞ! 応援という名のアレがな!
というプレッシャーが、ファンの心と懐を締め付けます。
ファンじゃなくてよかったなぁってホッと胸を撫で下ろす今日この頃です。

AKB48・河西智美の“児童に性器を触らせた”写真集に、当局「出版されるなら逮捕者が──」(日刊サイゾー)
乳首が性器扱いだってのにまずビックリしたんですけど。
とりたてて魅力も突出した能力もないいたいけな普通の少女を
大の大人が寄ってたかって振り回してニヤニヤするつもりが、何の因果か振り回されて、
振り回されたら足の先っちょが法に触れちゃった、っとか
馬っ鹿馬鹿しい。
ヤンマガの回収騒動といえばなんといっても「マイナス」の人肉食の件でして
あの時は表現の自由はどこにある、なんて憤ったもんでしたが
(ただ、あそこは漫画としてつまんなかったのがなぁ・・・。)
今回はホントどうでもいい。 興味が無ぇ。
「サルチネス」が急展開で続きが気になってたのに読めなくてがっかりしただけ。
おれはね、漫画が読みたいの!
今回の騒動、漫画家達はどう思っているのか、知りたいところである。
ではあるが、触っちゃいかん腫れ物のような気もするな。

ヒーローズ・カムバック企画の「うしおととら」を読んだ。
水曜日、3時間の残業をこなし工場からの帰り道にあるコンビニに寄ったがあいにくサンデーが置いてなく
木曜日に3時間の残業をこなしたあと、水曜日のとは別のコンビニへ。
だがそこにもなく、次のコンビニへ、だがしかしそこにもなく、3軒目のコンビニへ。
そんな苦労の末に読んだ16年ぶりの「うしおととら」が面白くないわけが
・・・あったんだなぁ。
切なかったなぁ。

今期一番の注目作と話題の「ビビッドレッド・オペレーション」の1回目を見た。
これは、パンツなのかな?パンツじゃないのかな?
っていう謎は1話目ではまだ明かされなかった。 このままその謎で引っ張っていくのかな?
っていうアニメなのかな?

今期1番は「まおゆう」なのかな?
乳の揺れ具合がもう。

日記
先日、友人に私の怠惰な暮らしぶりをこっぴどく怒られる、という嫌な夢を見、
起きたときに、これではいかん、このままではいかんと誓ったものの
今週も怠惰な週末を送ってしまった。
いかんなぁ。

アキバレンジャーが2NDシーズンと称して復活するらしい。
嫌な予感しかしない。
いや、見るけど。 どうせ関西では放送しないだろうけどなんとしても見るけど。
もう恍惚と不安がないまぜで二つ我にありって感じで。

ついでに、次の戦隊もの「獣電戦隊キョウリュウジャー」のメインライターは
「ダイの大冒険」の三条陸だぜ! 楽しみだぜ!

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/878-bfd5ba92
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館