スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 610  鈍刀にゃ世相は斬れぬ

2013年02月04日 01:01

AKB48がアイドル界のトップに君臨し、
しかもアイドル離れしたその脱ぎっぷり水着っぷりでグラビア界を席巻してくれているおかげで
AKBがもしいなかったとしたらおそらくすぐにグラビアを卒業して服を着ていたであろう
逸材の女性たちがいまだに、
グラビア界に吹き溜まり肌も露に水着グラビアを私たちに披露してくださっている。
もうAKBには感謝感謝ですよ。

20130204-2

どうだろうか
好きなアイドルに恋人がいるというのは確かにオナニーしづらい、ってのは分かるが
坊主頭のアイドルってのは、それ以上にオナニーしづらくなりやしないだろうか?
「オナニー」を「応援」に言い換えてもいいですよ僕はべつに。
でもあれだな、アイドルは恋愛しないうんこもしないって建前と同じレベルで
ファンはアイドルではオナニーしないっていう建前のもとファン活動してるもんな。
でもオナニーしてないんであれば
エンターテナー的に好き、応援してる、ってんであれば
恋人がいようがスカトロやってようが、スカトロった手で握手会やんないかぎり
ファンは何も文句を言う筋合いも道理も無いわけで
ということはやっぱりこれはオナニーの問題なわけです。
ファンにいかに気持ちよくオナニーしていただくかをアイドルは日夜考えて活動しているわけで
アイドルとはファンの精子を搾り取るための装置、つまりはオナホールであって
運営はAV監督でありオナホール工場のパートのおばちゃんであって
総選挙の票数はファンの方の精子の多さだと思っていますという、あのアイドルの名台詞が
あぁ、興味が無い。
俺はこの問題に哀しいぐらいに興味が無いぞ。

君の髪が伸びる頃には、そんな騒動があったことも君の事も、きっと みんな 忘れているよ。
哀しいね。

峯岸が坊主にしたことについての有名人の反応を集めるスレ(暇つぶしニュース)
吉田戦車と小林よしのりの漫画家としての格の違いね。哀しいね。

女子柔道の園田監督もなぁ・・・。
一応わたし柔道経験者なんで、う~ん。なんとも言えないんだなぁ。
格闘技と他のスポーツでの指導と体罰の線引きって違う気がするし
ただもう、選手側からNG出たってのがすべてって時代なんですかねっていうね。
いやぁ、分かんねぇ。
嫁の阿武教子先生のコメントが聞きたいな。

ヤンジャンの新連載、「イノサン」がちょっと良い感じ。
「イノサン」 “孤高の人”の坂本眞一がフランス革命期の処刑人描く(毎日新聞デジタル)
週刊で連載できんの?ってぐらいの筆致で描かれる中世ヨーロッパ。
この作者の絵には暗い話がよく似合う。似合うがしかし、どっちに転ぶかやね。
暗さ重さが緊張感に繋がるか、鈍重になったりネチネチ湿り気帯びたりしちゃうか。
今後が楽しみです。
いやぁ、しかし「モートゥルコマンドーGUY」の坂本眞一が、こんな事になると誰が想像しただろうか。

「BE BLUES!~青になれ~」震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!(ヤマカム)
勝手にヤマカムをライバル視してますけど、それは置いとくとして
良いよねぇ、BE BLUES!。
強豪校に入学してすぐAチームに昇格したけど、
チームのサッカースタイルを変えようとなんかするからいまだに試合には出してもらえず
ベンチを温める日々、な高校編もひじょうに楽しい。
こんな展開なのにちゃんと面白いって漫画は、今の時代もの凄く貴重ですよ。
前から気になっていたのだが
試合なんかのシーンで、ほぼ同じ構図の絵を続けて描いて、アップと引きの差だけで見せるってやり方が
こう書くと単調そうに感じると思うんだけど、実際下手に描くと単調になるんだろうが
これが上手いんだよなぁ。
同じ構図のままその人物の動きを描くことで
人物の動き方がすごく分かる、つまりプレーの質がサッカー素人の私にもすごくよく分かるんですよ。
ほんでまたこれを躍動感を損なわずにやるってんだから痺れますよ。

年末の日記であらすじを追うだけの糞ブログって書いたのはヤマカムの事じゃないです。
ライバル視してるなんて不遜なこと言って申し訳ありませんでした。 チクらないで下さい。

ドキドキ!プリキュアの主人公の名前が「相田マナ」っていうのがもうなんか。
それだけ。

ビビッドレッドオペレーションがもうホントに少女の股間を見せるだけのアニメ。
AVで正常位の尻の方から金玉越しに挿入部を見せるシーンを思い出す。
それだけ。
それだけで終わったらどうしようっていうわけのわからない不安が僕を苛むのさ。

日記
先日の日記で書いた、グループ展への参加のお誘いって話
断っちゃった。
時間が捻出できそうにない、なんて言い訳したけど
いや、それもあるんだけど
ホントのところは何にも思いつかなかったってえのが。
もういいや、こんなブログ世界に影響なんて無えだろ、バラしちゃえ。
「お相撲展」なる企画だったんだな。
真正面から相撲を描いても俺の絵柄じゃ面白くないし(絵に味が無いから。)、
相撲を茶化すか腐す方向にしか発想が向かわないってのがもう。
結局思いついたのが、ウォーリーを探せのパクリで「ソップを探せ」っていうネタだったんだけど
アンコ型の力士がうじゃうじゃいる中に一人だけソップ型の力士が隠れてるっていう。
そんなもん、ねぇ。

20130204-1
没ネタ。

日記2
健康診断にいってきた。
血液検査の結果はまだ出てないが、とりあえず他は異常なし。
なのだがしかし、体重が・・・体重が、85kgもあったんだよぉん。
もはやぽっちゃりとも呼べない。
医者にも「BMI値がこれ、欧米でも肥満の値だよ?」などと言われる始末。
泣きたい。
あと、田舎のちっちゃい診療所みたいなとこで健康診断したので、
色々検査をしてくれたのはお婆さん看護師さんだったのだが
そのお婆さん看護師さんの後姿を見ていると・・・
「ブラの位置、そこっ?!」っと思いました。
・・・無理矢理オチをつけてみたけどダメだ。体重がショックすぎてダメだ。
シュークリーム食ってもう寝ます。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/883-9a1657a7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館