スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 622  君のためにお墓をつくろう

2013年04月30日 01:44

ゴールデンウィークですね。

ワンピースが最近、あのキャラが再登場!みたいな感じで盛り上がってますけど
もうひとつお話自体は盛り上がりきらないというか心躍らないのは
戦いの動機付けが弱いからだと思う。
仲間のために戦うってのはある意味やり尽くした感はあるけど
まぁ、ほいほい簡単にヤムチャやクリリンを殺しちゃう動機付けもどうかと思うけど
どうせ生き返らせるんでしょう?ってなるし。
なんか最近は、出会ってすぐの奴のために命かけて戦っちゃって
良い奴すぎるというか、軽いやっちゃなって思うし
悪そうな奴見つけては喧嘩ふっかけるヤカラみたいな感じにも見えるし。
う~ん。
あえて今こそルフィか仲間の過去にまつわるような泣ける話が因縁の敵が
欲しいとこなんやけど、もう全員分やっちゃったんだよなぁ。
このまま、あいつが再登場、とか、ついにあいつと戦うぜ、でしか
盛り上がらなくなったらちと寂しいんだなぁ。

今思うと、海賊王になるっていうそもそもの縦軸が、漠然としててあやふやなんだよな。
一個一個の戦いに絡ませにくいし。

「カイジ」が連載再開した。
クソ長くいまいちだった友情確認ヘルメット三人組ゲームがやっと終わって
おい、それちゃんと伏線になってるんだろうなぁ?っという気分もありつつ今後が楽しみ
まっ、それはいいとして、
「アカギ」の「死にかけ鷲頭の地獄めぐり鬼退治編」の既知外っぷりはなんとかならんもんか。
あれはなんか、笑ったら負けな気がする。
で、「新・黒沢」はまだかっ!

喧嘩商売はまだかっ!
木多康昭が「喧嘩商売」再開を宣言「言い訳出尽くした」(コミックナタリー)

翠星のガルガンティア」を3話目まで見た。
う~ん、面白いな。
ただ、脚本が件のあいつだということで、これは最後まで注意して見ねばなりませんよ、という。
俺は騙されませんよ!誤魔化されませんよ!という、ね。
なんやろ、何でこんな変な気持ちになってしまうんやろ。

連休を利用して「エウレカセブンAO」を最後まで見た。いまさら。
うん、何が言いたいのかな?
自分の居場所的な?ここで生きていくんだ的な?
悩みながら僕らは的な?う~ん、よくは分からん。
でも前作みたいに恋恋好き好き言わんのは背筋がむず痒くならんで助かったが。
とはいえ、自分自分と自分勝手な理屈と想いをしつこくぶつけんのは
おどれは世界の中心かってな感じで鬱陶しかったが。
わかってよ的な?大人はわかってくれない的な?大人には大人の事情があるのさ的な?
結局、設定を語り終えたところで物語も終わり、みたいな。
そこにドラマは本当に在ったのかしらん、みたいな。
ただこれ、中盤からこっちひじょうにテンションが高くてなんかそれなりに楽しく見れてしまいました。
テンション高いとそれだけで騙されてしまうな。いかんいかん。
好きなんやな多分、個人的な好み。
結論としてはですね、「避妊せぇ!」っと思いました。

物語やドラマがどうこうっていうより、一人一人の想いで話を回していく感じのお話なので
誰にも感情移入できなかったわたしにゃ、なんとも。
ストーリーの出来不出来を論じるアニメじゃないんやろうな。 う~ん。

テンション高い、と言えば。
スピリッツで連載中の「王様達のヴァイキング」が面白い。
自閉症気味の天才ハッカー?が主人公の、ハッキング?クラッキング?の漫画。
パソコンの事はよく分からんのだが、とにかく熱くて面白い。
あと、ゲーム屋の机の上に大東京トイボックスが並んであったのも良かった。

日記
携帯電話を間違って洗濯してしまった。
20130430-1

すぐに電池パックを取り出し放置。
乾くのを待ってから、電源を入れてみるもボタンは光るが画面は映らず。
完全防水などと謳っておきながら脆弱なもんだぜ。

電話屋に行って機種変更してもらう。
調べてもらったが、データは壊滅。電話帳も写真もメモも殲滅されてしまった。
洗濯したっつったら笑われた。
スマートフォンを勧められたが、興味が無いっていうか必要が無いんすよねっつったらまた笑われた。
そういうもんなんだろうか。
あと、充電用のアダプター?が別売りなんだったらそん時にそう言えよ、と思いました。

ということで携帯電話が死にました。
電話番号とメールアドレスは変わってませんので
これを読んだお友達は、私の事をお友達だと思ってくれている人は
メールを下さい。メールには電話番号も書いといてください。
電話番号しか知らない人は
電話されると緊張するので、ショートメールで下さい。

ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いします。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/899-56d6d135
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館