スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 624  明日へシュートだ

2013年05月13日 01:15

そんな企画じゃないと通らんのかい!
と、そんな企画は通るんかい!
日本映画界の不思議。

20130513-4

週刊少年サンデーで連載中のサッカー漫画
「BE BLUES!」がやばいです。 激ヤバです。
ここのところ展開遅いな、と思っていたら今週号で急展開。

まずあらすじを説明しよう。ネタバレ含みます。

大怪我から復活した「一条 龍」はサッカー強豪校「武蒼高等学校」へ入学。
推薦でもセレクションでもなく一般入部でサッカー部に入る龍。
龍が武蒼高等学校を選んだのは、一般入部からレギュラーの座を勝ち取った「竜崎 誠」の存在が大きかった。
強豪校ながら実力主義で、一般入部の生徒にもチャンスを与える学校だと思ったのだ。
しかし、武蒼高校サッカー部のサッカースタイルは、
龍の求める「足元への速いパスとそれを止める高いトラップ技術」ではなく
竜崎の高さを生かしたポストプレー一辺倒のスタイルだった。
せっかくAチームに昇格したのに自分のスタイルを貫く龍は部内で孤立、鬱屈した日々を過ごす。
だがしかし、そんな龍にチャンスが訪れる。
プリンスリーグ赤城中央戦、1点リードしたあと1年を試そうとする監督。
一人目桜庭はチャンスを活かしきれず大失敗。 桜庭に代わって入る龍。
二人が同時にピッチに立っていたら面白かったのにな、桜庭!
ふてくされて試合中だってのに帰っちゃう桜庭、バカバカ!
桜庭はおいといて。
龍の最初のプレー、なんとロングシュートでゴールを決める龍!すごいぞ龍!
ところが赤城中央も反撃、点を奪われ一点差に詰め寄られる。
後半残り15分、一方的に攻め込まれ防戦一方の武蒼高校サッカー部!
チーム全員が守備に負われるそんななか、龍だけは反撃のチャンスをうかがっていた。
はい、こっから今週号。
チャンスと見るや一気に前線に駆け出す龍。そんな龍にロングパスが通る。
赤城中央の選手の誰もが龍のロングシュートを警戒するなか
龍の目はゴール前の竜崎を捉える。
そして、龍は竜崎君の足元に、そりゃあもう唸りをあげるような弾丸パスを送る!
しかし、おい、龍!
竜崎君の近くには敵ディフェンダーがいるぞ!
おまけに竜崎君は高さはあるが足元の技術は十人並みだぞ!

これはやばいですよ。 ヤバイデスヨ!
エース竜崎君の未来はどっちだ!
私には見えます。竜崎君の未来が。 あなたには見えますか?
次の中から選んでください。

1、トラップ成功、竜崎のシュートも決まり、龍のサッカースタイルの素晴らしさが実証される。
2、竜崎君華麗にスルー、詰めてきたレノン君がシュートを決めて事なきを得る。
3、トラップ失敗、敵に奪われる。「急にボールが来たから」などと意味不明なことを申しており・・・
4、トラップ失敗するも上手い具合に跳ね返りポストプレーみたいな形に。「計算どおり」などと・・・
5、利き足は頭ですなどと弾丸パスをダイビングヘッド。これには龍も「まいったね」ってね。
6、利き足は頭ですとダイビングヘッドするも失敗。顔面ズル剥けで会場どん引き。
7、弾丸パスを弾丸トラップ。跳ね返ってオウンゴール。
8、
9、テンパった竜崎君。テンパりすぎて敵味方かまわず頭突きを連発。
10、
11、
12、テンパってサンバを踊りだす竜崎君。どんなブレイブだよ!
13、波に向かってシュートを打ち続け、ついに必殺シュートを編み出す。
14、
15、トラップに失敗し、今の地位も名誉も信用もすべてを失った竜崎君。ここから第二の人生が始まるのだった。
16、多大なプレッシャーで持病の心臓病が悪化。後半からしか出場できない体に。
17、
18、一念発起してアメリカへ渡って、アメリカの空気を吸ったら僕も高く飛べると思ってたのかなぁ。
  とか言っちゃう。 全然成長していない、とか言われちゃう。
19、
20、エースの座を失い、ベンチにも入れなくなった竜崎君。 龍への愛憎入り混じったストーカー行為に及ぶ。
21、レギュラー落ちし、閑職に追い込まれる竜崎君。後輩たちからは「球磨き先輩」などと呼ばれる。

50、来週は作者取材のため休載です。
51、
52、首吊り自殺
53、服毒自殺
54、割腹自殺
55、焼身自殺
56、精神崩壊、「わぁ・・・大きな星が、ついたり消えたりしている。大きい・・・!彗星かな?違うな、
  彗星は もっと、パァーッって動くもんなー。」とかなんとか

59、女マネージャーたちの性奴隷
60、数年後、ゲイビデオに出演していたことが発覚するが、
  それよりもなぜ龍がゲイビデオで彼を発見できたのかが話題になってしまう。

62、龍のサッカースタイルについていけずベンチを温める日々。 後輩たちをも献身的にサポート。
  それでも諦めない姿が読者の感動を呼ぶ。
63、過去の栄光にすがって夢想を続けるうち、ベンチで座ったまま植物人間状態に。

68、蒸しアナゴ

98、辰っちゃん漬け
99、トラップの瞬間の爆発的エネルギーの発露によりグラウンドごと荒廃した未来世界に飛ばされてしまい
  子供たちだけのサバイバル生活が始まる。
100、来週号を待ちましょう。

ダメだ。全然埋められねぇ。 疲れた。
ま、正解は100の来週号を待ちましょうですよ。 嫌な予感しかしませんが。

巷でちょっと話題だった、ザク豆腐を今さら食ってみた。
20130513-1
ちょっと欠けちゃってますが。
20130513-2

20130513-3

うん、美味くはないんだよな。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/903-801266ad
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館