スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 632  短冊も笹も無い。

2013年07月08日 00:54

現代社会において情報を持つものは絶対的な強者であり
無知なる者は哀しいかな弱者である。
善と悪でわけられるものではないが、そこには明らかな力の差があり
二者の間には純然たる格差が存在する。
よく、ネタバレされて怒り狂う者がいるが、
なぜ情報を持たぬ者が、持つ者に上からものが言えるのか。
なぜ情報ありがとうございますと、感謝の言葉の一つも言えないのか。
俺はこれからも、悪びれることなくどんどんネタバレしていこうと心に誓うのだった。

20130708-1

今週は、「WORST」の最終回もあったのだが
なんといっても「ジャイアントキリング」が最高だった。
うぅん、ネタバレしたい。
ネタバレしたいがしかし、これはダメだ。
ぜひ、皆さんにもまっさらな気持ちで読んで感動してほしいね。
巽の行動に、選手やファンと同様に翻弄され、ぬか喜びさせられた挙句
衝撃の展開に悲しみの涙を流したあと、巽の真意に気づいて
悲しみの涙が感動の涙に変わるあの瞬間をアハ体験以上の感動を、皆にも味わってほしい。
だから今回はネタバレしない! 読むべし。

「翠星のガルガンティア」の最終回を見た。
出たね、得意の論点ずらしが。
お手軽な敵を設定して、物語のテーマも敵との戦いに周到に滑り込ませて
集約させちゃったね。
綺麗にまとまって大団円。主人公も生きる意味を見出して、いやぁ良かった良かった。
でもやっぱり、小狡いな。という印象は拭えないのだ。個人的にだが。
これ、クーゲル大佐がもし生きてたらどうなってたのよ。とかね。
これで、この脚本家の評価が少しでも下がったらいいなぁ、と思ってたけど
世間的にはこのアニメ、結構評判良かったみたいで。
ままならんもんっすね。

ふふっ、さらっとネタバレしてやったぜ。

アニメ「惡の華」の最終回も見た。
面白かったし、ロトスコープにも慣れたが
ロトスコープに慣れれば慣れるほど、普通の絵柄で見たかったなぁという思いを強くした。
べつにアニメアニメした絵柄で見たかったわけではないが
そんなロトスコープロトスコープしなくてもいいじゃん。 リアルかどうかとはそれはもう別物だし。
「第一部完」だそうだが、この先の展開をダイジェスト的に挿入してくるあのラストは
なんかイラついたな。

人の作ったものを悪く言うだけの人生。

日記。
疲弊している。
こうなったら仕事中に熱中症になってそのまま辞めてやろう、と
水分補給を控える日々を送っている。命の危険を感じる。
でもなぜか、おれの体ってば思いのほか頑丈に出来てやがんだなぁ、なんてね。
そろそろ心も体も限界っす。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/914-5dab1233
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館