スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

日記 643  

2013年10月27日 23:59

久しぶりに髪を切った。

安かろう悪かろうな散髪屋で
散髪に失敗して、あられもない姿になってしまったのだが
失敗をしたのは散髪屋の方で
私が失敗したわけではけっしてない。
なので、私が失敗した髪に対して責任を感じる必要も、
失敗した髪について恥じる必要も
まったくもって無い。
だから私は明日も胸を張って生きていく。

だから、前髪を切りすぎたなんて言って
君が泣く必要なんて無いんだよ、おちびちゃん。

20131027-1

「王様達のヴァイキング」のここのところの展開、
黒幕の正体がわかったら、次の回であっさり倒す(社会的に抹殺する)という展開ね。
これに、あっけない、物足りない、という感想を持った者も少なくないと思うのだが、
私にはこれが、黒幕なんかにはもう意味が無い、という作品からのメッセージのように感じられた。
パソコン、或いはネットっていうのは
黒幕だの巨魁だの為政者だのっていう、現実的には
途方も無いほどの距離の開きと、権力財力の差がある相手にも
喉元にナイフを突きつけられる、喉笛を掻っ切ることのできるツールなんだと
そして、もはや現代はそれをできる力を持ったものが最も恐ろしい存在なんだと
そういう事なんじゃないかと思いました。
んで、そういう恐ろしい力を持った者の行き着く先は
勇者になって魔王を倒すか、魔王になって世界を滅ぼすか、の二択しかないんじゃないかっていう
私の勝手な妄想。
新しいSNSを作ったぜ、とか、通販サイトを作ったぜ、とかって小市民的な思考には
向かわないんじゃないかっていう。
まぁ、何が言いたいかっつうと、面白いね「王様達のヴァイキング」って事。

「仮面ライダー鎧武」を4話目まで見た。
が特に言うことも無い。
何でこの人たちは踊ってるんだろう、ぐらいしか。
よく考えたら、最近の仮面ライダーは改造人間じゃないんだよな。
戦いが終わっても人間には戻れない、とか、人間ではなくなったけど人間のために同類と戦うっていう
悲哀っちゅうか悲壮感みたいなもんが足りないなぁ、と。
一度そういう原点に還ってみませんかっていう昭和のおっさんの悲哀です。

日記。
泥舟から一刻も早く抜け出したい想いと
こうなったらいっそ泥舟が沈むのを見てみたい想いの間で揺れ動く私の心。
今年いっぱいで辞めちまう予定だったんだが、どうするか。 う~ん。

拍手する



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatake30.blog20.fc2.com/tb.php/931-3126f1cd
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    畠中崇電脳萬画館